小室圭さん“文書”「日常から相手の“揚げ足”をとるために録音しています」と癖を自白 皇族のお相手に相応しいのか?

文/小内誠一

小室圭さんが文書を発表

昨年11月に秋篠宮殿下から「目に見える形で対応を」を苦言を呈され、さらに昨年末には宮内庁長官・西村泰彦氏からも「説明責任を果たすべき」と言われてしまった小室圭さん。ようやく4月8日になってA4用紙24枚に渡る詳細な「文書」を発表し、その中で「自分は正しい。あれは贈与であり返済する必要はない。元婚約者は嘘つきだ」と繰り返した。

弁護士の牧野和夫氏(芝綜合法律事務所客員)は「法律を学び過ぎたが故に(しかも本場アメリカで)、この様な文書を開示したことでさらに禍根を広げることになってしまった様に思います(結婚されたい気持ちは分かりますが)」と、この文書は逆効果であると批判し次のようにまとめた。「一般に、法律論を持ち出す方が皇族と結婚される方として相応しいかとなるでしょう。企業の対応でも正当な法律論をかざして反対に批判を浴びた例があります。法律的解決が全てではない(世論など他の側面も考慮して総合的に判断すべき)典型例です。小室さんも真の法律家になるにはまだ法律以外の勉強が必要かも知れません」(Yahoo!ニュース)。

全くその通り——と言わずにはいられないだろう。

小室圭さん“文書”「贈与ではなく借金でした♬」とウソを自白

怪しい箇所が多い小室圭さん「文書」

今回発表された小室圭さんの「文書」には怪しい点が多い。ともかく自分を正当化する記述に終始している。怪しく前後矛盾した記述も散見される。たとえば、母・佳代さんと元婚約者との「婚約破棄」の次の下りだ。

このとき母が、婚約期間中に受けた支援について清算させていただきたいとお伝えしたところ、元婚約者から「返してもらうつもりはなかった」というお返宰が返ってきました[注14]。以上のような理由から、母は、婚約解消にあたって2人の間でお金をやり取りする必要はなくなったと理解しました(「4」注9を参照してください)。

この婚約破棄の話し合いは、留学へ行く私を支援してくださるという話が元婚約者の方から出るほどで、刺々しい雰囲気もなく円満に終わったと私も母も思いました。

小室圭さん文書(2021年4月8日)

「刺々しい雰囲気もなく円満に終わった」というのは素晴らしいが、なんとこの話し合いには「録音」があるのだという。

[注14]このやりとりについては私自身も同席していて聞いています。又、録音が存在しているので、元婚約者の方が「返してもらうつもりはなかった」とおっしゃったことは確認できています。

(中略)

私が録音をしておいた方がよいのではと考え咄喧に録音したものだったため、母の質問や元婚的者の方のお返写の一部は録音できていません。`

小室圭さん文書(2021年4月8日)

「刺々しい雰囲気もなく円満に終わった」話し合いを、いちいち録音する小室圭さん。小室圭さんは元婚約者の方を信用しておらず、と家と下していたから録音したというのが真相だろう。それを「円満に終わった」と表現するのは果たして正しいだろうか?

しかも録音したことを自慢する小室圭さん…。ハッキリ言って「日常から相手の揚げ足をとるために録音しています」と自白しているようなものだ。はたして日常から録音癖のある人間が、はたして皇族に相応しいだろうか?

安積明子さん(政治ジャーナリスト)は小室圭さんの今回の文書について次のように語る。

「かっこいいことは対応するが、知られたくないことは最小限以下にするという態度では、国民の理解は得られないでしょう。世論調査でも国民のほぼ全員が反対しています。結婚の意思を持つのは自由ですが、これだけで国民の賛成を得るのは不可能。より真摯な方法が望まれます」

小室圭さん“文書”「贈与ではなく借金でした♬」とウソを自白

9件のコメント

私もあの文章から、録音していたんだ!?とびっくりしました。
信頼関係がある相手で、母親が心から返しますと言ったのなら録音はしないですよね、普通。
秋家とのやり取りでも、マコさんとの日常会話でも、きっといつも録音しているんでしょうね。
バレましたね。

258

これで判りましたね、秋篠家が何を恐れたいるのかが。
やっぱり❗️としか思えません。

こんな文書出して,国民からの賛同を得られないのは宮内庁長官も理解している様ですね。

なんて愚かな❗️

秋篠家はとんでもない相手を引き入れてしまったのですね。
この件で抗議するなら宮内庁よりも官邸がいいと思います。
だって官房長官が『結婚を見守りたい』って言ったのだから。

90

「日常から録音癖のある人間が、はたして皇族に相応しいだろうか?」❔

小内様の質問にお答えします。
「皇族に 相応しくありません❗️」

71

ほんと録音とか気持ち悪い
普段から親子で、いかに人を騙して金をもらうかという
詐欺まがいのことしてたんだろうね
だから何かあっても返さなくていいように録音なんてことを当たり前のようにする
この時点でもう皇族のお相手としては失格なんだよ
それもわからず言い訳すればするほど、どんどんドツボにはまってる小室圭は
どうしようもないバカだね。
だれもがわかる嘘でも嘘という証拠がなければつき続ける、自分から絶対認めない
典型的なサイコパス
こんなのが入り込んだら皇室はおしまい
宮内庁ものんきなこと言ってる場合じゃない、どんだけ危機感ないんだ

18

これで秋篠宮家が秘密をいっぱい録音、録画されていると証明されたようなものですね。秘密をばらされると怖れるのは秋篠宮家の自業自得ですが、それを隠蔽するために、税金を注ぎ込むのは止めて頂きたい。

98

『返済して貰うつもりはなかっ”た”』
『返して貰うつもりは全くなく、お金出して”ました”よ』

これは結婚前提だったお金を提供した当時の気持ちをかたったものではないですか?
普通は「返さなくていいですよ」「お金は差し上げたものです」っていうはずなのに

どちらも「過去形」なんです
咄嗟の録音とか言っていますが
都合の悪いところをカットしたのではないですか?

実際の録音を提示されたとしても信用できません

67

西村「録音されました・・」
加藤「私も・・」
誰か「あら、アテクシも・・」
誰か「あらら、私もです。お義母様・・」
誰か「実は私も・・髭を誉められて気づかず・・」
誰か「私も沢山されてたけど、K君だから心配してない」

47

人並みの常識と思いやりがあれば、普通の人生で他者と利害が対立して法律を持ち出すことなど頻繁には起こらないと思います。
ここの母子は自己の要望を追加するあまり法律を持ち出さなければ生きてゆけないような人生を歩んできたのでしょう。
これは反社のそれと同じで、薄気味悪さと嫌悪感を感じていた原因がわかりました。小室宗家の方々もおそらくこれをやられたので、「もう関わりたくない」となったのでしょう。誰でもそうなるわ、、

19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。